webうどん会

Home > ブログ > 記事一覧

5月のビアイベント♪



お外が気持ち良い季節になると、公園や広場でビアイベントがひらかれます。うどん会はウキウキと集まって、ビールの飲み比べなどをします。ふむふむ…何も考えていませんね!これは日比谷公園の「ヒビヤガーデン」。カップル多めのオシャレイベントにしてアイドル?のステージありお子様向けのバルーン実演あり、美味しいビールがさらにおいしい。オクトーバーフェストほどは混まなくて、オトナなうどん会はこれくらいが良いです♪


土曜の昼の空の下、ツマミはワニアンドチップス。

 

こちらは高田馬場ベルファーレでゴールデンウィークに開催された「クラフトビール新酒解禁」、シーズンの幕開けを告げるカンジのイベントです。


メインのホールのほかに芝生の野外会場もあったので、お外好きで走る幼児もいるうどん会にはピッタリ!かと思いきや、野外ではごく一部のビールしか売っておらず、豊富なクラフトビールの出展のあるホールと野外をつなぐ通路がビール持ち歩き禁止という歯がゆい設定でした。

   
ホールでも席さえ確保できればゆったりとユルいステージをサカナに…バーレイワインうまーい
  
さらにボードゲームの貸し出しが!


酔っぱらって久々にカタンを開拓、ロンゲストロードで勝利しました♪ビールとボードゲーム、相性いいですよねー。


2018夏コミケ日曜日東地区ヒ39b!


うどん会の同人誌即売会のホームグラウンドはというと、コミティアの「その他」ジャンルになりましょう。そのほかに飲食オンリーイベントや地方のイベント、最近はMGM2にもお邪魔して、そしてときどき、いろんな方から「コミケは?」って聞かれてきました。
コミケに出ない理由はいくつかあって、メインのメンバーが年末年始は関西に帰省していること、人混みに超弱いこと、そしてジャンルが選べないことです。どこに出展すればいいんでしょう?うどん会の同人誌はいわば雑記帳、うどんを打ったり凧を揚げたり自転車漕いだりビール飲んだり、なんでもあって誰でも読める、毒にも薬にもならない分野をまたいだ谷間のあたりを好き好んでひた走っているのです!コミティア「その他」ジャンルは懐が深いのですありがとう!

ところが去年末たまたま東京にいたので三日目の昼過ぎにコミケ会場にふらりとおじゃまし熱気にアテられた寺島さんが「出たい」と言い出しまして、山田うどん本も出すことだしジャンルは評論でいいんじゃない?などとてらかわ編集長を説き伏せて申し込んでもらったところ、なんと抽選を通過、コミケに初出展することになりました!しかも夏!聞くところによると室内に雲が出るという!はあ~!ブルブル!かかってこんかーい(誰に)!

新刊は「侍本」と「グルコギ総集編」を企画中ですが、どちらもいいかげんにはしたくなくて、夏に間に合わないかもしれません。「タコメシ2」が出るかもしれません。増刷した本を持っていきます。個人誌(田中と寺島の二人誌など)も企画しています。ペーパーも作ります。ぜひぜひお立ち寄りください。

ゲームマーケットに行きました


5月5日、6日はビッグサイトでゲームマーケット。アナログゲーム(ボードゲームやカードゲーム)のお祭りです。6日にうどん会ともご縁のある安士クンのチームEVILがコキコキステーションで初出展するというのでテツテイのコンテナTシャツ着て田中といっしょに応援に行きました!

「ラブレター」顔出ししか写真ない…せっかくのTシャツ映ってない(笑)

大手からも鉄道貨物ゲームの日本マップが出ています。レイルウェイズ・オブ・ニッポン。コンテナ来てるね!これはイケるね!

いた!安士クン、居並ぶ個人サークルの中で、緑の箱を積み上げてチームメンバーとともにバリバリ売ってます。英語説明ボードも作って積極営業、目標をクリアした模様。おめでとーう!この怪しいゲーム名の名付け親杉山淳一さんも顔を出していたそうです♪酔いどれふじわらみどりさんとともにグルコミのあと横浜でテストプレイをしたのが昨日のようですよ…。と、あれ?見たことのあるひとが。

店長!なんでここにいるの?今日グルコミ?
「ゲムマや!そっちこそなんでここに?うどん会」
「来賓や!」(田中、首のタグを見せる)
「そうでしたーっ!」
わしらがグルコミ店長として知ってる人物はデッキ構築ボードゲーム「ふるよに」こと「桜降る代に決闘を」のチームスタッフで、新作発表とステージイベントのお手伝いをしていたのです。そして田中の本業はゲーム漫画家。なんだかMMOで異世界でハンドルで呼び合ってたプレイヤーが実は近所の人だったみたいでヘンなかんじ。から素早く立ち直った店長、裏からテーブルを出して「ふるよに」のインストラクションをしてくれました。いいひとだ!しかも分かりやすくて面白いー。これはおうちで遊びますよー。


そのほかフォントかるた買ったり台湾の美麗なゲームちょっと遊ばせてもらったり、中古輸入ゲームをあさったりおともだちのブースをひやかしたり。熱気があって楽しいゲームマーケット二日目でした!

コミティア124ありがとうございました!

5月5日はコミティア124でした!
この日はなんと、予定していたてらかわよしこも寺島令子も出られなくなってしまったのです。申し訳ない!しかしうどん会は人数が多いのだ(10人)!
寺島の夫・田中としひさに設営を託し、小杉あやちゃん、うどん会の良心リョーコちゃんがヘルプに入ってくれました。お立ち寄りくださった皆様、「となりの山田うどん」をはじめ既刊を手に取ってくださった皆様、ありがとうございました!やっぱりコミティアはホームグラウンドってカンジですなー。うどんの本をセットで買ってくださった方がた!打ちましょう!すすりましょう!うどんはうまい。
 
またこの日は同じく出展しとられたいしいひさいち先生のブースに田中がパクリの事後報告に行ってくれたのでした。や、出オチのタイトルや中身の漫画、相手にせんでもええところ、寛大に許していただきありがとうございますーっ
当日配ったペーパーです。クリックして読んでくださいね。

やっちゃばフェスでした!

4月15日は秋葉原通運会館で、自転車と飲食の同人誌即売会やっちゃばフェスが開催され、うどん会も出展しました!
「旅のグルメと自転車」がテーマのシリーズ「グルコギ」は6冊出たところでいったん終了、ちかぢか総集編を出そうと思っているうどん会。でもやっちゃばフェスには自転車関連グッズのフリマ的な側面があるのです。自転車好きが集まる会場で、ブツの魅力を語りながらの売り買い、これがまた楽しそうでよろしいのよ。
 
ほぼ1台やないのー!


Z書店の腕利きバイヤーKさんにめっちゃ見られてる…

そういえば第一回やっちゃばフェスにもフレーム持ち込んで見事買い手がついた思い出。今回は残念ながら売れなかったものの、看板の役割は十分果たし、グルコギ既刊や山田うどん本をたくさんのひとに見ていただけました♪むなしく持ち帰るの、すごく重そうでしたけどね♪

秋葉原らしく「ログイン」時代の読者ちゃん(なつかしい呼び方)も顔を出してくれました!「UO無料化されたねー」なんて会話をしつつ差し入れにアキバ名物おでん缶(なぜか冷えっ冷え)と「知らなかったほうがよかった世界」的ドリンクをもらってしまったぞ!特に知らなかったほうが良かったのは…ドリアンサイダーです。あ、ありがとうJ子さん。


やっちゃばフェスのもうひとつの特徴は会場でランチにプレミアムバーガーが注文できてしまうグルメっぷりと射幸心をあおるクジやビンゴの存在です。会場規模もあって新規参入のサークルが少ないけど、丸一日楽しめるので、自転車やおいしいものが好きなひとはゼヒですよー!



グルコミとやっちゃばで配布したペーパーです
クリックして読んでくださいね