webうどん会

Home > ブログ

ゲームマーケットに行きました


5月5日、6日はビッグサイトでゲームマーケット。アナログゲーム(ボードゲームやカードゲーム)のお祭りです。6日にうどん会ともご縁のある安士クンのチームEVILがコキコキステーションで初出展するというのでテツテイのコンテナTシャツ着て田中といっしょに応援に行きました!

「ラブレター」顔出ししか写真ない…せっかくのTシャツ映ってない(笑)

大手からも鉄道貨物ゲームの日本マップが出ています。レイルウェイズ・オブ・ニッポン。コンテナ来てるね!これはイケるね!

いた!安士クン、居並ぶ個人サークルの中で、緑の箱を積み上げてチームメンバーとともにバリバリ売ってます。英語説明ボードも作って積極営業、目標をクリアした模様。おめでとーう!この怪しいゲーム名の名付け親杉山淳一さんも顔を出していたそうです♪酔いどれふじわらみどりさんとともにグルコミのあと横浜でテストプレイをしたのが昨日のようですよ…。と、あれ?見たことのあるひとが。

店長!なんでここにいるの?今日グルコミ?
「ゲムマや!そっちこそなんでここに?うどん会」
「来賓や!」(田中、首のタグを見せる)
「そうでしたーっ!」
わしらがグルコミ店長として知ってる人物はデッキ構築ボードゲーム「ふるよに」こと「桜降る代に決闘を」のチームスタッフで、新作発表とステージイベントのお手伝いをしていたのです。そして田中の本業はゲーム漫画家。なんだかMMOで異世界でハンドルで呼び合ってたプレイヤーが実は近所の人だったみたいでヘンなかんじ。から素早く立ち直った店長、裏からテーブルを出して「ふるよに」のインストラクションをしてくれました。いいひとだ!しかも分かりやすくて面白いー。これはおうちで遊びますよー。


そのほかフォントかるた買ったり台湾の美麗なゲームちょっと遊ばせてもらったり、中古輸入ゲームをあさったりおともだちのブースをひやかしたり。熱気があって楽しいゲームマーケット二日目でした!

コミティア124ありがとうございました!

5月5日はコミティア124でした!
この日はなんと、予定していたてらかわよしこも寺島令子も出られなくなってしまったのです。申し訳ない!しかしうどん会は人数が多いのだ(10人)!
寺島の夫・田中としひさに設営を託し、小杉あやちゃん、うどん会の良心リョーコちゃんがヘルプに入ってくれました。お立ち寄りくださった皆様、「となりの山田うどん」をはじめ既刊を手に取ってくださった皆様、ありがとうございました!やっぱりコミティアはホームグラウンドってカンジですなー。うどんの本をセットで買ってくださった方がた!打ちましょう!すすりましょう!うどんはうまい。
 
またこの日は同じく出展しとられたいしいひさいち先生のブースに田中がパクリの事後報告に行ってくれたのでした。や、出オチのタイトルや中身の漫画、相手にせんでもええところ、寛大に許していただきありがとうございますーっ
当日配ったペーパーです。クリックして読んでくださいね。

やっちゃばフェスでした!

4月15日は秋葉原通運会館で、自転車と飲食の同人誌即売会やっちゃばフェスが開催され、うどん会も出展しました!
「旅のグルメと自転車」がテーマのシリーズ「グルコギ」は6冊出たところでいったん終了、ちかぢか総集編を出そうと思っているうどん会。でもやっちゃばフェスには自転車関連グッズのフリマ的な側面があるのです。自転車好きが集まる会場で、ブツの魅力を語りながらの売り買い、これがまた楽しそうでよろしいのよ。
 
ほぼ1台やないのー!


Z書店の腕利きバイヤーKさんにめっちゃ見られてる…

そういえば第一回やっちゃばフェスにもフレーム持ち込んで見事買い手がついた思い出。今回は残念ながら売れなかったものの、看板の役割は十分果たし、グルコギ既刊や山田うどん本をたくさんのひとに見ていただけました♪むなしく持ち帰るの、すごく重そうでしたけどね♪

秋葉原らしく「ログイン」時代の読者ちゃん(なつかしい呼び方)も顔を出してくれました!「UO無料化されたねー」なんて会話をしつつ差し入れにアキバ名物おでん缶(なぜか冷えっ冷え)と「知らなかったほうがよかった世界」的ドリンクをもらってしまったぞ!特に知らなかったほうが良かったのは…ドリアンサイダーです。あ、ありがとうJ子さん。


やっちゃばフェスのもうひとつの特徴は会場でランチにプレミアムバーガーが注文できてしまうグルメっぷりと射幸心をあおるクジやビンゴの存在です。会場規模もあって新規参入のサークルが少ないけど、丸一日楽しめるので、自転車やおいしいものが好きなひとはゼヒですよー!



グルコミとやっちゃばで配布したペーパーです
クリックして読んでくださいね

グルメコミックコンベンション9!


4月8日は横浜産貿ホール・マリネリア展示場でグルメコミックコンベンションでした!言わずと知れた、同人誌以外に調理したものを頒布してもよいイベントですが、今回うどん会はできたての新刊「となりの山田うどん」メインで通常(非調理)参加。今回は調理スペース&調理ブースと非調理ブースの配置がよくて、人がおおぜいいてもちゃんと循環してくれています。ちゃくちゃくと改善されとるな!ありがたい!

うどん会は過去にはうどんや刀削麺で調理参加したものの、「電磁調理器では麺のゆで湯の沸上が致命的に遅い」という問題にぶつかり、「調理は麺以外の調理ネタが浮かんだときだけ」と決めとります。趣味の製麺の玉置さんは、それにもめげず11キロの小麦粉を製麺して完売していて本当に尊敬だ。しかもうんまーい!こういうのみるとまた何かやりたくなりますネ。やってみないとわかりませんから、興味のある人はいちどは調理に挑んでみよう(投げる)!
 
なんで玉さんの写真こんなでかいのかな…

通常ブースではオススメをふるまう人も多いグルコミ。今回うどん会では山田うどんを勝手にふるまうわけにもいかないので4月8日のはなまつり(灌仏会)にちなんで水出しの甘茶をふるまいつつ、先着10名様にはイースターにちなんだお菓子を配りました。節操ないな。甘茶は発酵させたアジサイの仲間の葉っぱで、お砂糖も入っていないのに口に含んだ瞬間甘みを感じてびっくりします。生まれたてのお釈迦様の像にこれをかけてお誕生を祝ったことがある仏教保育園児も多いことでしょう。そういえば寺島は昔「仏教保育カリキュラム」というお寺向けの月刊誌に「えんじマン」という4コマを連載していたことがあるよ(東映特撮的に時代がばれるタイトル)。

調理ブースではお酒もいろいろ。写真は新三匹と侍に出展してくださったコストマリー事務局さんのミードとカモ肉。旨い。

ビールのお供・餃子にはまにあわなかったーっ!と思ったら差し入れいただいた♪

いつもどおりの振る舞いも。巨大饅頭、無限日本酒、そしてホネだけになった生ハムと空き瓶。


 グルコミはみんなが笑顔で楽しいなあ。店長はあいかわらずフニャっと元気そうだなあ。「となりの山田うどん」をはじめ「清龍ファンブック」など既刊もたくさんお求めいただき、ありがとうございました。埼玉推し!会場横浜だけどね!山田いい奴だよね!

さて終了後、きまぐれな鮪亭ブースで一日中餃子を包み続けた麻生あいみんとお疲れ様のお茶をしてから向かったのは中華街のゲーム屋さんリゴレさん。プレイスペースをお借りして、新作ゲームの試遊会です。なんとうどん会が催した三匹と侍の座敷で同席した、ゲームデザイナーの安士祐太郎さん、鉄道ライターの杉山淳一さん、武器屋のふじわらみどりさんの三人の雑談から立ち上がった企画がかたちになって、5月6日のゲームマーケットで発売とな(コキコキステーション)!なんか、こう、イベントやってよかったなあ~。ゲームすごくおもしろかったです。ふじわらさん、試遊会のアテンドありがとう…ってグルコミ終了段階でとなりのブースのワインで泥酔しとるがなーっ!飲み過ぎた皆様ちゃんと帰れたカナ?
 
8個で一杯になるコンテナに自社の貨物をどんどん出荷するのです

プチ三匹と侍 矢口渡居酒屋侍で飲み会をしました

ここ数年、グルコミの仕込みに厨房を借りたり、「三匹と侍」「続三匹と侍」と銘打った食イベントの会場となったり、店長奈々さんのご厚意でたくさん遊ばせていただいた、うどん会矢口渡アジトこと居酒屋侍。7年前の開店時に、てらかわよしこが看板絵を描かせてもらったお店でもあります。このお店がまもなく閉店とのことで、3月末に「プチ三匹と侍」と銘打った、同窓会的飲み会を催しました。ゲストシェフとして吉田肉ちゃんと麻生あいみんが来てくれました。三匹を手伝ってくれた近所の彼女や食いしん坊のあの人この人、奈々さんの音楽仲間、寺島の新旧友人も集って、肉ちゃんのサテ、オーギョーチー、あいみんのスパムにぎりやスパム食べ比べセット、そして侍名物のでっかい唐揚げやなめろうをサカナにまったり飲みました。「三匹」でカレーを提供してくださったそえたかずひろさんも忙しい合間を縫ってバイクで登場。他のシェフのみなさまは急だったのでこれず残念がってくれて。お店はもうちょっと続くので、春が行き過ぎてしまわないうちに、奈々さんの絶品料理と美味い酒を飲みに行ってネ。4月21日まで、とのことです。