webうどん会

Home > ブログ > お外

うどん会BBQ新年会2020 そなエリア東京

東京国際展示場、通称ビッグサイト。年末はコミケでお世話になり、2月にはコミティアでまたお世話になる逆三角形ズのすぐそばに、何かにそなえてるエリアがあります。

おもに献血とかコスプレとか首都直下地震とかですね。国と都が半分こずつ持っており、災害時には広域防災拠点が設置されて、知事や内閣全員を載せたヘリが飛び立ったり降りたりビームを食らったりするところです知らんけど。そして平時には、タワーマンションに見下ろされながら都会的なBBQをするところなのです!

凧揚げBBQ2019


いや7時の段階では予報も実際の空も「曇り」だったんですよーっ

四川フェスで白飯ツイートがバズったはなし


あれは4月のことでした。新宿中央公園で開催された「四川フェス」にお昼がてら出かけた田中と寺島。辛いものには強くはないが、四川料理は大好きです。恐ろしく赤い麻婆豆腐やあえ麺、激辛雪見大福、コチュジャンリゾット…カライ!ビールでは流せない!っていうか昼からこれ以上飲めない

と思っていると、なんと「白飯」だけ売ってる屋台があるではありませんか!しかも鳥取産香り米。香り米っていうのはタイのジャスミンライスみたいにふんわり香るパラっとしたお米です。わしらは3年前の高知つるかめざっかで高知産をお土産にもらったこともあり、これがジャストミートで辛いオカズに合うことを知ってるのですー!助かった&ウマーイ!グルコミもそうだけど、四川フェスにも白飯は必須だーっ

「辛さを競う四川フェスであえて白米を売る屋台の戦略的成功」の話題がその日twitterでプチバズりました。ごちそうさま!

2019新年会はお外でした!

もう1か月たってしまいました。うどん会は年明け早々1月6日にアウトドアで新年会を催しました!


何度か書いてることですが寺島の持論でBBQは冬が正解。虫はいないし陽射しは強すぎないし、火を熾して長時間その周りにいても、冬ならむしろ快適です。それに外気温が低いとアルコールを摂取してもすべてが熱量に変わるので酔いません(酒に弱い個人の感想です)!天国!

炭火で焼いた羊や鹿や魚、鶏そしてイカ、薪で淹れたコーヒーにスープに本場のグーヤーシュ(ハンガリーの赤いシチュー)、スモアに餅に焼きリンゴ、アルプスのおんじのような溶かしたチーズ、すべてが冬のご馳走です。ほらほら。

みちくさ市に初出展しました


やっちゃばフェスの翌日11月18日は雑司ヶ谷・鬼子母神前商店街でみちくさ市に初出展。こちらは同人誌即売会ではなく、古本のフリーマーケットです。主宰は早稲田・目白・雑司ヶ谷で本に関するお仕事をしているひとたちのグループ「わめぞ」。古本最低20冊というレギュレーションを守れば何を販売しても自由で、毎回30の出展者がそれぞれ本のテーマを作ったり、そのひとの趣味のわかるものを並べたり、家にあるいらないものを並べたり、さまざまに展開していて近隣住民の寺島はよくお散歩に来ていたのです。鬼子母神さんと大鳥神社の手作り市も目の前で、いっしょに散策できます。いちど出てみたかったんですが、ラッキーなことに野外には最高のこの季節に申し込むことができました。黄葉にはまだちょっと早いくらいの暖かい日曜日でした。