webうどん会

Home > ブログ > 同人誌

東京野球ブックフェアでした!



うどん会は作ったり食べたりするのが活動の中心ですが、そのほかにも好きなことをやって書いてゲストを招いて本にします。さて野球です。東京野球ブックフェアはその名の通り、野球に関する本を扱ういろんな人たちが集まって楽しむフェアです。場所は「世田谷ものづくり学校」。廃校になった中学校の木造校舎で知的に開かれます。これに去年は古本とポテチのカード、それに桂令夫さんの個人誌「野球映画と大リーグ」をもちこんで、来る人々と、またとなりで古い週ベを広げるベテランファンと、ひたすらダラダラ野球のはなしをする一日を過ごしたのでした。いやあ濃いイベントは楽しいなあ。というわけで、今年はてらかわよしこが中学時代から作っている野球同人誌「月刊捕邪飛」が久々の再開刊行となり(「月刊」はタイトルの一部で刊行頻度を表さないのです)、うどん会の中では野球ファンの田中と寺島も加わって、古本スペースではなく普通のブースで参戦です!熱気とレプリカジャージであふれる日当たりのよい教室に、BCリーグや大学野球の濃い同人誌にかわいい野球グッズ、野球居酒屋、野球出版社、おとなりはカネシゲサトシ先生だ!ひえー!
エントランスではTシャツプリント実演販売(すごくキレイ)など、古本スペースにはとみさわ昭仁さんのマニタ書房も。ああ売るより多く買ってしまう。フェアだから、いいのです。みんな単なる野球好き。
そして打ち上げに入った居酒屋のTVでWBC日本オランダ戦を途中まで見て興奮したまま家路につくのでした。最後まで見てたら終電やったわ...



当日配った「うどん急報」で募ったやきゅうてぬぐい情報が、当日スグにTwitterのてらしまアカウントあてによせられて感激でした。ありがとう中日と千葉ロッテファンのひいらぎさん!さっそく注文しました♪

火の鶏、乱丁がありました!!

すみません!火の鶏がお手元にある皆様
3Pと4Pが入違っております
修正版の頒布は3月19日の関西めしけっと×やっちゃばフェスでE05 gotonroyonさまに委託分からになります
ComicZINさん委託分は近日修正版に差し替え予定です

17Pが解像度不足のもの、3Pと4Pが逆のものはうどん会ブースでお取替えいたします
それ以外の交換方法がなくて申し訳ありません!

出展予定は以下の通りです
どうぞよろしくお願いいたします

3月12日東京野球ブックフェア(火の鶏頒布はありません やきゅうなので)
4月1日グルメコミックコンベンション
4月2日MGM2
4月9日やっちゃばフェス
5月6日コミティア120
などなど

こんごはこのようなことのないよう気を付けて校正してまいります




火の鶏(チキン)



2月12日はコミティア119でした!新刊を持って出展。ロゴが神がかっていたためか!1時半に売り切れるといううどん会にあるまじき事態となりました。お手元に届かなかった皆様、申し訳ありません!
そのうえ、一部にジャギーがでております。吉田肉ちゃんの「酉様と私」の1ページ目です。
ご迷惑をおかけしました
このあと増刷してグルコミ、やっちゃばフェス、次のコミティアなどに持っていきます
お取替え希望の方はお手数ですがご持参ください><

は~しかしイイ本なんですよ、スチャラカBBQレポと役立つレシピの二本立てです。ゲスト いさやまもとこ にしだや はにゅーさ 吉田肉 田中葉子 黒熊ボンボンのみなさまです。
執筆者のみなさまにも献本が遅れてゴメンナサイー!!

コミティアうどん会ブースに来ていただいた皆様、ほんとにありがとうございました。手塚治虫先生、ゴメンナサイ。やったのは会長です(表紙デザイン)。

コミティア118でした!

10月23日はコミティアでした。うどん会ではおととしの秋のコミティアに10周年記念の黒くて分厚い本こと「NはうどんのN」(現在品切れ)を出し、去年は11周年記念として赤くて分厚い本「うどん会きのこデラックス」を出しましたが、今年は12周年記念グッズを作りました!

   

「簡単!うどんの打ち方クリアファイル」です。夏のうどん打ち講習会でも使用した田中としひさの折り本のカラー版!Withイメージキャラ!粉や水のついた手で触っても大丈夫、お台所に常備して明日からあなたもうどんが打てるベンリグッズです。すばらしい!紙もはさめます!これを単品なら300円、うどん会の本をどれでも買ってくださった方には12周年記念特価100円で頒布ですよ!
というわけで、たくさんの方に押し付け、いや、12周年を祝ってもらうことができました!ありがとうありがとう!また1年がんばりますよー。適当に好きなもの作って食べるだけですが!

ところでうどん会ブースは会場のちょうど真ん中へんだったのですが、そこまで漂ってくるお肉のいい匂い。グルコミ(リンクはなんだかおもしろいさんのレポート)の肉テロです。ケータリングスペースで肉を焼き、どんぶりを何種類も作り、最後には生ハム原木を削るというのです。
寺島も合同誌に寄稿したので掲載誌いただきがてら様子を見に行ったところ、グルコミ主催者「店長」が。さばききれない行列にさすがに疲れと反省の色を見せていました(そうは見えないw)

会長が並びに行って、待つこと1時間半。意地になって購入してきてくれた鴨と牛、おいしかった!ごちそうさまでした!


さてこの日は「海外マンガフェスタ」が併催されていて、復刊コムから9月に出たばかりの「フリッツ・ザ・キャット コンプリート」の訳者 小野耕世さんのサイン会も開かれていました。寺島はリアル厨房のころ小野耕世さんの訳やコラムでアメコミや雑誌MADそして粋な悪猫フリッツを知って背伸びしてオトナの世界を覗き見た世代でして、フリッツ大好き。復刊ドットコム関係者の印口崇さんに教わって、のこのこ行くのです。わーわー嬉しいナマ小野先生だーサインお願いいたしますー…


小野先生「寺島令子サン?ずいぶん前に幼稚園の漫画描いてたひとでしょ?あれにタドン目ってつけたの俺だよ」
印口さん「じゃ小野さんが由利さん(当時の担当編集者さん)に言ったの?タドンって?」
小野先生「そうそう、ヤングマガジンの」
って えええええええーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

以下頭に血が上ってあんまり覚えておりません。失礼な挙動をした気もいたします。約40年前、寺島のデビュー作「チルドレンプレイ」にキャッチフレーズをつけてくださったのは、ほかならぬ、寺島の中学生時代のヒーロー小野耕世先生だったのです。知らなかった、ありえぬ…。ありがとうございます…ありがとうございました…。

そんなできごとがあったコミティア。
頭を冷やすため、大江戸ビール祭りで一杯ひっかけて帰ったのでした。


うどん会ブースに来ていただいた皆様、ありがとうございました。
当日配ったペーパーです。半分は野球同人誌みたいですが!クリックして見てね♪
 

やっちゃばフェスでした!

10月8日は自転車と食べ物のオンリーイベント、やっちゃばフェスでした。なんで日曜じゃなく土曜なの!と涙目で作っていた新刊も、無事に間に合いました!内容充実です!



表紙 田中としひさ
デザイン なかとう

ゲスト
酒ごはん研究所 坂井淳一さん
肉子ちゃん&さおりんのステキコンビ
にしだやさん

本文
N藤
ながた
てらかわよしこ
田中としひさ
寺島令子


秋葉原運輸会館の、今回は2階と地下1階の2フロアでの開催となったやっちゃばフェス。時々の雨もあいまって、混みすぎもせずガラガラでもなく、ちょうどいいカンジです。おとなりはおなじみのささつゆさんと今回はじめてのzu-mix3.0さん。いつもの仲間とのまったり交流もできて、一方で新しい人がきてくれてすばらしくマニアックで。来場者さんからも「愛媛のうどん、甘いんです…アサヒとことり…」ってな濃いお話や、「彦根に住んでるけどビワイチなかなか行けない」とか、「清龍蔵元見学、再開一日目の予約とっちゃいましたよ!」とかの嬉しい反響を聞けて。やあ最高だな。ビンゴ大会ではありえない賞品が…www うどん会ではいちばんよく走ってる会長が輪行袋を当ててヨカッタ。

スタッフのみなさま、来ていただいた皆様、ありがとうございました。楽しかった!当日配ったペーパーです。拡大してみてください。